トップページ > ブログ

ブログ」カテゴリーアーカイブ

函館

ずいぶん久しぶりの函館。
電車事故でバタバタする波乱の出だしでしたがリフレッシュできました。
旅の思い出に写真だけのブログ。完全に自分用です。

北海道もやっぱり暑いので。朝市には猫。開店即閉店のラーメン屋さん。地元には無いなって感じの塩ラーメン。美味しかった。やっぱり函館と言えばゴロまでイケる新鮮な活イカ。同行者(おっさん二人)と偶然居合わせた弘前の知人カップル。
あまりに普段通りで新鮮味まったく無し。なんでこんな近い人達に会うんだろうって不思議に思ったけれど、よく考えたら海を挟んだ隣町。じぶんが出不精なだけなのかも知れません。

大仏公園

6月に入り摘果作業中心の日々を送っております。
良いりんごになるであろう果実を残し他をどんどん落としていくこの作業は収穫までエンドレスで続いていきます。

そんな仕事に追われている今時期ですが、人間にはふわっとした時間もやっぱり必要。と言うことでスナック菓子とお茶をぶら下げ、隣町の大仏公園でボケっとしてきました。

車で10分弱の弘前市石川にあるこの公園は、母の実家が近いこともあり身近で馴染みのある場所。昔は(小学校時代)桜の時期に親戚一同でBBQした記憶があるんです…今はどうなんだろう?火はNGな気がします。久々に来てみましたが本当に整備の行き届いた綺麗な公園。感心します。
大浦(津軽)為信が攻め落した石川城(大仏ヶ鼻城)跡で歴史好きな人も楽しめますし、春の桜と夏の紫陽花も見事なおすすめスポット…なのですが、平日ということもあり貸し切り状態でした。7月にはあじさい祭りなるイベントがあるようです。
行ってみようかな…ビールとポテチ持参で。もちろん電車で。

昨年の今頃は

すっかりご無沙汰しております。ささき林檎園のささきです。
進捗報告はFacebookばっかりになってました。
楽してます…申し訳ありません。

もうすぐ5月も終わり。
りんごの花が咲き、田圃に苗を植える。そうです。農繁期という奴でした。
だいぶバタバタしてましたが、おかげ様で今年も何とかクリアすることができました。ホッと一息ついているところです。

昨年の今頃は黒星病という病気を蔓延させてしまい、どう手を付けていいものか途方に暮れているような状態でした。自園地だけの問題では無く近所(よそ様)の園地にも感染を広げてしまいかねない厄介な病気。
それまでは摘果中(果実の摘み取り)にポロッと目につく程度。
「あ~、黒星いだ~」なんて呑気なものでした。ホント呑気なものでした。
津軽全体で大発生した年ではありましたが、自分の地域ではうちが1、2を争う残念さだったと思います。恐ろしさが身に染みました。

今年は大切な春先の防除暦も変更になり、少し神経質過ぎるくらい神経を使ったつもりです。今はとりあえず大丈夫そうですが気を抜くことは出来ません。

昨年の6月上旬…。

スプレーヤ(薬剤散布用の機械)の風圧で、「秋ですか?」ってくらい葉が落ちています。気休めにしかならないとは思いつつ…みっともないので乗用草刈機とレーキを使い、園地の葉っぱを集められるだけ集めてました。
恥ずかしいやら情けないやら。

これだけ拡がってしまうと薬剤(対処療法)で止められるものではありません。感染した果実を取り除きつつどうなるものかと見守るばかり。
野球で言うと初回10失点な感じでしたが…負け試合でも次につながる負けにはしたいと投げずに手当を続けた結果、真っ当なりんごも少量ですが収穫することが出来ました。
絶対に繰り返したくはありませんがこれも経験。戒めにこのブログを書きつつ(読みつつ)今年も良い出来秋を目指します。
明日もがんばろ。

ようやく

雨や暖かい日が続きようやく畑や田んぼも土が見え始めました。
園地の後片付けや育苗準備等、春を感じさせる作業にこれから突入していきます。

もう3月です

今日から3月。日中は春のような陽気が続いています。
あれほどあった道端の雪も目に見えて無くなりました。もちろん除排雪業者さんの頑張りでもあるのですが。

この時期は枝を切る作業(剪定)をゴリゴリパチパチと進めているのですが、今年は病気で大変だった園地にがっつり手(チェーンソー)を入れることにしました。大きく育った樹を切り倒すのは本当に忍びないのですが、窮屈なのは病気にもりんごその物にもやっぱりよろしくない。昨年で本当に懲りました。

準備万端、計画通りという訳ではもちろん無いのでちょっと寂しい雰囲気になるのは致し方ありません。のびのび育ってくれれば数年で追いついてくれるでしょう…きっと。

今年も春が近づいて嬉しい気持ちもありますが同じくらい不安もあります。
どうなることやらです。